共生社会の実現に向けた生涯学習の充実

 県教育委員会では、令和2年度より、文部科学省の委託を受け「共生社会の実現に向けた生涯学習支援に係る実践研究事業」に取り組んでいます。
 学校卒業後の障がいのある人たちの生涯を通じた多様な学びの機会や家族・関係者を含めたつながりの場を創出・拡充し、持続可能なものとしていくために、推進協議会を組織し、調査研究、実践研究及び普及啓発に取り組んでいます。

文部科学省の事業概要

 文部科学省では、「学校卒業後における障害者の学びの支援に関する実践研究事業」を実施しており、令和2年度は以下の4つを内容としています。

(1)障害者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究
(2)地域における持続可能な学びの支援に関する実践研究
(3)生涯学習を通じた共生社会の実現に関する調査研究
(4)障害者の学びに関する普及・啓発や人材育成に向けた取組

 このうち、宮崎県では(2)「地域における持続可能な学びの支援に関する実践研究」に取り組んでいます。

本県の推進協議会

 県内各地の教育、福祉、関係団体、行政の各分野の方々に委員を委嘱し、事業の方向性について協議しています。

(1)令和2年度委員名簿

(2)令和2年度推進協議会

① 第1回(令和2年7月28日)

※新型コロナウイルス感染症拡大のため、中止

② 第2回(令和2年10月7日)

県内3会場で開催、各会場をWeb会議システムで接続

第3回(令和2年12月9日)

 開催予定です。


調査研究

 県内の特別支援学校、福祉サービス事業所、企業、関係団体、市町村教育委員会、市町村社会福祉協議会の皆様にご協力いただき、アンケート調査を実施しました。

※ 結果は取りまとめ中です。しばらくお待ちください。

普及啓発

「共に学び、生きる共生社会コンファレンス」(九州・沖縄ブロック)

期日 令和3年1月23日(土)

 ※ オンライン開催とし、実践発表やトーク・セッション等を行う予定です。
 ※ プログラムの詳細、参加申込方法は、決定次第掲載します。
 ※ 全国7ブロックで開催されます。趣旨等は、こちらの特設ページをご覧ください。

  https://www.kyoseishakai-conference.com/2020 外部リンク

ページの先頭へ戻る