令和3年度 宮崎県地域文化功労者教育長表彰

表彰の対象

  • 多年にわたり芸術文化の向上・普及又は文化財の保存・活用に尽力し、地域文化の振興に顕著な功績のあった個人又は団体
  • 永年その業務に精励し、又は献身的な努力を払い、地域における芸術文化の振興又は文化財の保護に貢献した個人
〈敬称略〉
地域文化功労者名
(居住地)
推薦機関・団体 功績のあった分野 及び 主な功績等
地村ちむら 俊政としまさ
(宮崎市)
公益財団法人
宮崎県
芸術文化協会
 【芸術文化】
 宮崎声楽研究会“Céleste Voix”の代表・会長、宮崎県オペラ協会の理事長・副会長等を歴任し、長年にわたり、各団体の管理運営に尽力した。また、声楽全般の教育、研究に努めるとともに、世界初となる「赤毛のアン」をはじめ、様々なオペラ公演やリサイタルを主宰するなど、地域の芸術文化の振興及び文化の発信、人材育成に大きく貢献した。
花柳はなやぎ 新吾しんご
(白濱しらはま 勝子かつこ)
(宮崎市)
公益財団法人
宮崎県
芸術文化協会
 【芸術文化】
 花柳新吾を襲名して以来、門人養成に努め、多くの名取りを輩出するなど、長年にわたり、日本舞踊の普及・継承に尽力した。また、花柳流新吾会代表、宮崎市芸術文化連盟理事等を務めるとともに、宮日名流会や橿原市、ブラジルとの交流事業に出演するなど、県内外を問わず、日本伝統文化の振興に大きく貢献した。
興梠こうろき 幸男よしお
(高千穂町)
高千穂町
教育委員会
 【芸術文化】
 長年にわたり、高千穂町文化財保存調査委員として文化財の保存・調査活動に尽力した。特に、クマガイソウ自生地やキレンゲショウマ自生地の県あるいは町の天然記念物指定への功績は多大である。また、高千穂森の会会長として、山林の管理・保全、後継の育成に努めるとともに、鑑賞会の開催など、公開活動に取り組み、地域文化の振興に大きく貢献した。
ページの先頭へ戻る