4.現状と課題

13.その他の問題

(1).現状と課題

現代社会においてはこれまで述べてきた問題以外にも、日本人拉致に関する問題、個人情報に関する問題、ホームレスに対する人権侵害の問題など、様々な人権に関する問題が存在しています。今後、社会の急速な変化の中で、さらに新たな人権問題が発生してくる可能性があります。

(2).指導の在り方及び配慮事項

社会教育においては、様々な人権問題を看過することがないようそれぞれの問題の現状と課題を把握し、差別や偏見をなくし、一人一人の人権が尊重されるよう、状況に応じた教育を推進することが求められます。

指導においては、以下の点に配慮することが必要です。

  1. 人権侵害を受けた人の立場に立つことができる想像力や、共感的に理解することができる力を培うようにする。
  2. 法の整備や人権擁護に関する国民の意識の高まりに関心をもち、人権上の問題について理解しようとする態度を育てる。
ページの先頭へ戻る