平成28年度 県地域文化功労者教育長表彰

表彰の対象

  • 多年にわたり芸術文化の向上・普及又は文化財の保存・活用に尽力し、地域文化の振興に顕著な功績のあった個人又は団体
  • 永年その業務に精励し、又は献身的な努力を払い、地域における芸術文化の振興又は文化財の保護に貢献した個人
〈敬称略〉
氏  名
(居住地)
性別 推薦機関・団体 功績のあった分野 及び 主な功績等
渡邊わたなべ 綱纜つなとも
(宮崎市)
公益財団法人
宮崎県
芸術文化協会
 【芸術文化】
 平成18年から宮崎市芸術文化連盟会長として、宮崎市民芸術祭の開催や加盟団体の芸術文化行事を通じて、宮崎市の芸術文化の向上発展に尽力された。また、平成20年から財団法人宮崎県芸術文化協会会長として、平成24年4月からの公益財団法人化に尽力された。
 平成25年からは公益財団法人九州文化協会副会長を務め、九州・沖縄広域圏で独自の地域文化形成の発展に尽力されている。
肱岡ひじおか 理山りざん
(宮崎市)
公益財団法人
宮崎県
芸術文化協会
 【芸術文化】
 昭和51年に都山流師匠となり、財団法人都山流尺八楽会宮崎県支部会員として活動を開始された。平成3年に大師範、平成20年にはそれまでの功績により、都山流宗家から名誉称号である「竹琳軒」の允許状を賜った。
 昭和55年より財団法人都山流尺八楽会宮崎県支部役員に就任し、平成20年から県支部長として、日本の伝統音楽である都山流尺八の伝承及び普及活動に尽力されている。
ページの先頭へ戻る