平成24年度 県地域文化功労者教育長表彰 4名

表彰の趣旨

  • 多年にわたり芸術文化の向上・普及又は文化財の保存・活用に尽力し、地域文化の振興に顕著な功績のあった個人又は団体
  • 永年その業務に精励し、又は献身的な努力を払い、地域における芸術文化の振興又は文化財の保護に貢献した個人
〈五十音順・敬称略〉
氏  名
(居住地)
推薦機関・団体 功績のあった分野 及び 主な功績等
安部あべ 敏貞としさだ
(日南市)
日南市
教育委員会
 【芸術文化】
県内の伝説等を基にして、自ら執筆された脚本、著書を通し、学校における児童劇の基礎作りに貢献されるほか、日南こどもミュージカル実行委員長として、地域の芸術文化の振興に貢献された。
河口かわぐち 安伯やすのり
(宮崎市)
(公財)宮崎県
芸術文化協会
 【芸術文化】
宮崎交響楽団の創設・運営に尽力され、演奏会や移動音楽教室等を開催されるほか、県立芸術劇場建設に伴う検討委員や宮崎県芸術文化協会の評議員、理事を務められるなど、音楽の普及、芸術文化の振興に貢献された。
佐藤さとう 俊雄としお
(西都市)
西都市
教育委員会
 【芸術文化】
昭和55年から 西都市書道協会会長及び宮崎県書道協会西都支部長を務められるほか、西都市美術協会の副会長、会長、顧問を歴任されるなど、書道の普及、地域の芸術文化の振興に尽力された。
山下 やました 博明 ひろあき
(都城市)
都城市
教育委員会
  【文化財保護】
昭和55年から都城の歴史・文化遺産に関する調査研究を手がけられ、山之口町文化財保護審議会、都城市文化財保護審議会の委員として文化財保存に尽力されるほか、麓文弥節人形浄瑠璃の保存会としても保存伝承に貢献された。
ページの先頭へ戻る