平成24年度 県社会教育功労者表彰 6名

表彰の趣旨

多年にわたり地域において社会教育の振興のため企画・指導・運営に率先して当たり、顕著な業績を有する社会教育関係者

〈五十音順・敬称略〉
氏  名
(居住地)
推薦機関・団体 主な功績等
新井あらい 正男まさお
(門川町)
門川町
教育委員会
 平成13年から 門川町社会教育委員を務められ、行政への提言や隣接市との交流などに尽力されるほか、図書館審議委員等も兼務されるなど、社会教育振興に貢献された。
釘﨑くぎざき 經夫つねお
(都城市)
都城市
教育委員会
 平成8年から 都城市青少年健全育成市民会議幹事長、祝吉地区青少年育成協議会会長を務められ、都城市の社会教育委員や公民館運営審議会委員も兼務されるなど、尽力された。
坂上さかうえ 弘子ひろこ
(小林市)
小林市
教育委員会
 平成14年から 小林市社会教育委員を務められ、食育リーダーとして青少年の健全育成に取り組むなど、社会教育振興に貢献された。
里岡 さとおか 洋子 ようこ
(小林市)
小林市
教育委員会
  平成5年から 小林市文化連盟事務局長、平成14年から 小林市社会教育委員を務められ、小林市文化会館ホールボランティアとして活動されるなど、社会教育振興に寄与された。
横山 よこやま 圭子 けいこ
(宮崎市)
宮崎県地域婦人
連絡協議会
  平成7年から 佐土原町婦人連絡協議会会長として活動されるほか、平成14年から22年まで、佐土原町 及び 宮崎市の社会教育委員を務められるなど、社会教育振興に寄与された。
横山 よこやま  たかし
(都城市)
宮崎県子ども会
育成連絡協議会
  平成7年から 山田町子ども会育成連絡協議会会長、県子ども会育成連絡協議会理事・理事代表を務められ、子どもが主体の活動に取り組むなど、尽力された。
ページの先頭へ戻る