宮崎発 Live! Library 図書館フォーラム2018 のご案内

掲載期間 2018年09月18日~2018年11月12日

 地域の情報拠点でもある図書館。これからの図書館について一緒に考えてみませんか。

1 日時 平成30年11月11日(日)13時15分から16時35分まで
2 対象 どなたでも
3 場所 宮崎県立図書館 2階 研修ホール(宮崎市船塚3丁目210番地1)
4 定員 100名(先着順)
5 参加費 無料
6 主催 宮崎県教育委員会
7 共催 宮崎県公共図書館連絡協議会・宮崎県大学図書館協議会
8 内容

     13時15分から13時20分まで オープニング
     13時20分から13時30分まで Live!Library 県立図書館の最近の動き  宮崎県立図書館
    
13時30分から13時40分まで「日本一の読書県について」  宮崎県教育委員会 生涯学習課
     13時40分から14時30分まで テーマ「学校図書館が教育を変える~学校司書がつなげて広がる高校生の学びと読書」
       講師
木下 通子さん(埼玉県立浦和第一女子高等学校  担当部長兼主任司書)
     14時30分から15時まで  木下さんへのインタビュー
   聞き手 水谷 もりひとさん(みやざき中央新聞編集長)
     15時10分から16時00分まで テーマ「”まち”と”ひと”に寄り添う図書館」
       講師 手塚 美希さん(岩手県紫波町図書館  主任司書)     

      16時00分から16時30分まで  手塚さんへのインタビュー   聞き手 杉田  剛さん(宮崎商工会議所  専門経営指導センター課長補佐
      16時30分から  クロージング
講師プロフィール
     木下 通子(きのした みちこ)さん
     埼玉県立浦和第一女子高等学校担当部長兼主任司書。埼玉県高等学校図書館フェスティバル実行委員長。ビブリオバトル普及委員。学校図書館問題研究会事務局次長。プライベートでは子育て支援や若者支援を行うグループを立ち上げている。著書『読みたい心に火をつけろ!学校図書館大活用術』(岩波ジュニア新書)
     手塚 美希(てづか みき)さん
     秋田の高齢化過疎化ナンバーワンの村に育ち、村に情報拠点となる図書館をつくろうと考え司書を目指す。修行のため日本一のサービス水準を言われる浦安市立図書館へ。その後、秋田市立中央図書館明徳館、ビジネス支援やデジタルアーカイブで知られる秋田県立図書館勤務を経て、紫波町図書館を立ち上げるため町の司書となる。
    紫波町図書館は補助金に頼らない新しい公民連携「オガールプロジェクト」の中核施設としてオガールプラザ内にある。

10 申込み方法
    入力フォーム
     http://urx2.nu/Loj0

    または、電話・メール・ファックスのいずれかにて下記の内容をお知らせください。
    氏名・氏名ふりがな・電話番号・所属(できれば)
11 申込み締切 平成30年11月2日(金)
12 問い合わせ先 宮崎県教育庁生涯学習課
                        〒880-8502 宮崎市橘通東1丁目910
                 TEL:0985-26-7245
                        FAX:0985-26-7342
                         メール ky-shogaigakushu@pref.miyazaki.lg.jp
                        その他詳細は添付データをダウンロードしてご覧ください。

 

フライヤー表面
02f4c5743f9cbc55adeb986ca41c1fc1edc9969f.pdf
図書館フォーラム2018案内
ページの先頭へ戻る